まぶたがたるむと老けて見える!?原因と対策とは?

まぶたのたるみ

まぶたのたるみは、一気に老けて見えますよね。

 

まぶたがたるむ原因は、加齢や紫外線などの外部刺激によって、まぶたのまわりの皮膚のハリや弾力が失われること。
これによって脂肪を支えることができなくなることにより、たるみになるのです。

 

脂肪や皮膚自体の重みが下に垂れ、たるんだ状態を引き起こします。

 

また、眼輪筋という筋肉が目元まわりに存在しており、衰えることでもたるみを引き起こします。

 

目元の皮膚や、筋肉は人間の身体の中でも薄い部位となっており、常に外気にさらされている状態のため、一般的に、他の部位とくらべるとたるみが起こりやすいのが特徴です。

 

加齢の他にもお肌の乾燥や、目のこすりすぎも原因の一つです。

 

お肌が乾燥すると、保水力が低下し、皮膚の一番外側にある角質がはがれやすくなります。
角質は外部刺激から守るバリア機能をもっており、ダメージを受けると、お肌が衰えやすくなってしまいます。

 

さらに、まばたきの回数が少なくなることでたるみが生じる場合があります。

 

集中してものを見る際に、まばたきが少なくなり、目のまわりにある筋肉が衰えていきます。
まばたきが少ない場合には、意識してまばたきをすることが大切です。

 

たるみがひどくなると眼瞼下垂症という病気と診断される場合があります。
まぶたがたるむことで目を開けるために余計な力がかかり、頭痛や腰痛、肩こりなどの症状がでやすくなります。

 

まぶたのたるみを改善するには

まぶたのたるみを改善するには、目元専用の美容液やクリームを使用することをおすすめします。
アテニアのアイエクストラセラムなど、保湿成分が高いものが特にオススメ。

 

お肌にハリとうるおいを与え、たるみにはたらきかける仕組みです。

 

また、目のまわりには毛細血管が多くあり、血行が悪くなるとたるみの他、クマの原因にもなります。
血行促進をうながすホットタオルや美容液を使うことで、お肌のハリや弾力を与える栄養素をしっかり届けることができます。

 

美容液を使用する際には、摩擦がおきないよう、やさしくつけることがポイントです。
また、継続して使うことができる価格のものを選ぶのもポイントです。

 

お肌はターンオーバーを繰り返しているため、毎日適切なケアをすることでまぶたのたるみを改善へ導く期待がもてます。

 

適切なスキンケアと共に、睡眠不足の解消も大切です。
また、喫煙をしている場合には、血管を収縮してしまい、血行不良を起こしやすくなりますので、喫煙は避けることをおすすめします。

 

眼瞼下垂症と診断された場合には、眼科で手術を受けることで改善が期待できます。
美容外科などでヒアルロン酸などを注入してたるみを改善する場合には、自由診療となりますが、眼瞼下垂症と診断された場合には健康保険が適用されます。