まぶたが痩せて貧相に見える!?原因と対策とは

まぶたの痩せ

まぶたが痩せたり、くぼんでしまうと疲れたように見えますよね。

 

見た目のアンチエイジングのためにも何とかしたいものです。

 

まぶたが痩せてくる原因は、目の周囲を支える眼輪筋という筋肉の筋力低下によるものです。

 

この筋肉は意識して鍛えないと、どんどん弱っていくので、何もしないまま生活していると、30代頃から徐々にまぶたを支えきれなくなり、くぼみが目立つようになります。

 

目の周囲の肌の弾力も、コラーゲンの生成量減少などが原因で衰えるので、目元がたるみ、老けて見られるようになります。もともとまぶたの皮膚は薄いので、乾燥肌の人はハリが失われやすくなります。

 

デスクワークでパソコンを使っていたり、スマートフォンでゲームに熱中していると、目の周りの筋肉が凝り固まるので、血行不良が起こります。
すると疲れたような目元になりますし、クマが出来ると老けたように見られます。

 

これに睡眠不足が重なると眼精疲労が悪化し、たるみがひどくなるので気を付けるようにしましょう。

 

また人間の皮下脂肪は年齢とともに少しずつ減っていくので、もともとやせ形の人は、くぼみが目立つようになります。

 

眼球や骨格に沿って、皮膚が落ち込んでいき、くぼみがくっきりしてしまうので、ふっくらした目元にしたいなら、過度なダイエットはしないようにしてください。

 

まぶたの痩せを改善するには

まぶたの痩せを改善したいときは、乾燥させないよう、化粧品で保湿するようにしてください。

 

他の部分に比べると、まぶたは皮膚が薄いので乾燥しやすくなっています。

 

他の部分と同じように化粧水を塗っても、まぶたはかさつきやすいので、重ね塗りをするか、アイクリームでうるおいをキープするようにしましょう。
そのときに力を入れて塗ると肌が刺激を受けやすいので、指でポンポンとなじませるようにつけましょう。

 

コラーゲンを摂取して、ハリを与えるのも、まぶたの痩せを改善するには効果があります。
すっぽんを食べたり、サプリやドリンクで摂取するようにしましょう。

 

市販のアイマスクを使ったり、ホットタオルを目にあてて、血行不良を改善するのもおすすめです。
血行が悪くなると眼精疲労になり、くぼみやしわなどが発生しやすくなります。
ホットタオルで目を温めた後、眼輪筋のストレッチを行えばリフトアップ効果が高まるので試してみてください。

 

眼輪筋のストレッチの方法は、まず中指と人差し指を眉頭と眉尻に当てて、2本の指を使って、眉を下からぐっと持ち上げるようにしてください。

 

その状態で、薄目をするように上と下の目が付かない程度まで閉じて、20秒ほどキープするようにしましょう。
これを5回繰り返せば、眼輪筋を鍛えることが出来ます。