アイクリームはどの順番で使えばいいの?

アイクリーム

アイクリームを使う順番を知っていますか?

 

この記事ではアイクリームの効果的な使う順番についてご紹介しますが、まずそれより先に、スキンケアの順番を知っておかねばなりません。

 

スキンケアは最初にたっぷりの水分を肌に浸透させ、その後、気になっている部分に見合ったアイテムからつけていくのが通常です。
ですから普通ならば化粧水の次は美容液、そして目元が気になっているのならアイクリームをつけ、その後たるみなどが気になる場合はたるみ専用のクリームを塗り、最終的には乳液をつけて終了です。

 

目をケアするクリームは、実際目の下のたるみやクマなどを改善するために用いられます。

 

目の下の皮膚は大変薄く、体の中でも最も薄い部分で、0.1ミリとも言われています。
ですから、目をごしごしこする癖がある人や、アイラインやアイシャドウで目元を美しく飾っている人ほど、このアイテムが必要になる年齢も早くなってきます。

 

クリームを使うと目元のクマやシワ、たるみなどが改善されますから、自分に合ったアイクリームを選ぶようにしましょう。
自分に合った専用クリームはけして高級なものばかりではありません。
自分の肌質にあったクマやシワを取るようなクリームが理想的です。
シワが目立つと大変老けた顔になりますから、是非専用クリームを使ってみましょう。

 

スキンケアの中でのアイクリームの順番

スキンケア中で使うアイクリームの順番は化粧水をつけ、その後美容液、そして気になっている場合はその次につけるのが良いとされています。

 

目元は特にデリケートな皮膚になっているので、優しくぽんぽんと叩くようにつけるのが望ましいでしょう。
この順番を押さえておくと、美容液の有効成分の次に、アイクリームの成分が目元に浸透し、より効果を発揮してくれます。

 

化粧水の次に美容液を用いるのは、やはりお肌を整えるために使うので、誰もがアイクリームより先に美容液を使うのではないでしょうか?

 

その次に気になる部分のアイテムを使いますから、やはりその点で言えば、アイクリームが次の順番になりますね。

 

スキンケアでのアイクリームの順番が例え正しくなくても、その効果はしっかり発揮されますから、安心しましょう。
ただ、スキンケアの順番を守ることによって、よりアイクリームの成分が目元に浸透して効果を発揮してくれるでしょう。

 

アイクリームの順番を気にしすぎて、スキンケアを一からやり直すなどということをしなくとも大丈夫です。
アイクリームを最後に塗ったとしても、クリームの効果はしっかり残りますから、焦る必要はありません。

 

ただ、順番として最適なのは、化粧水の次の美容液、その次のアイクリームが最適だということですね。