アイセラムの基礎知識と使い方

アイエクストラセラム

アイセラムは、目元専用のの美容液。

 

セラムとは美容液をさしており、アンチエイジング効果が高いのが特徴です。
浸透力が高いため、効果が期待できます。

 

分子が小さくなっているものや、エイジング効果が高い成分などが多く含まれているものが多くあるのが特徴です。

 

目元の皮膚はとても薄いため、一般的には美容成分がとどまりにくいとされており、成分の濃度をあげにくい性質をもっていますが、刺激が少なく、効果的にはたらきかけることができる製品も多く販売されています。

 

具体的な効果は、まぶたが痩せて目がくぼんで見える状態を改善へ導いたり、目元にハリをもたらす期待がもてる他、目尻の小じわの改善にも役立てることができます。

 

また、下まぶたのたるみの予防や改善、目元のくすみの改善にも期待がもてます。

 

また、クマにはたらきかける成分が含まれているものもあり、若々しい目元へ導くことができます。

 

アイセラムを選ぶ際には、目立たない部分で試してから使用することをおすすめします。
お肌は、一定の期間でターンオーバーを繰り返しているため、お肌に合うアイセラムが見つかった場合には、一定期間継続して使うことをおすすめします。

 

美容液をつけたあとは、保湿をすることがポイントです。

 

アイセラムの効果的な使い方

アイセラムは、スキンケアをする際に使用することをおすすめします。

 

スキンケアの順番は、汚れやメイクなどをクレンジング剤を使用して落とした後、必要に応じて洗顔料を使用して汚れを取り除きます。
余分な皮脂や古い角質を落とすことがポイントです。

 

毛穴に汚れや古い角質が残っている状態の場合には、美容成分が浸透しにくくなりますので注意しましょう。

 

洗顔が終わったら、化粧水でお肌に水分を与えます。
手のひらでやさしく包むようになじませる方法や、コットンを使ってお肌に浸透させる方法で水分を与えましょう。

 

その後で美容液やアイセラムを気になる部位に指のはらをつかってなじませます。

 

お肌をこすってしまうと、摩擦によって乾燥や小じわの原因となりますので、お肌に押し込むようにやさしく浸透させます。

 

最後に乳液やクリームをつけ、水分や美容成分が蒸発するのを防ぎます。
保湿をすることで、美容成分がお肌に浸透し、とどまります。

 

アイセラムの種類によっては、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液やクリームの後に使用することが推奨されているものもあります。
油分が含まれている化粧品を使用している場合などにおすすめの方法です。
スキンケア用品をつける際には、清潔な手で行いましょう。